晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

情けなさ過ぎて笑えないエピソード

は私にもたくさんあるのですが、たとえば電話を受けたとき、お目当ての人が留守でした。
「Would you like to leave a message?」「May I have your name please?」が頭の中をかけめぐり、見事にそれらが合成されて「Would you like to have your name please?」とやったことがあります。
電話の主はしばし無言の後、「あっ。間違えました」と即切り。自分でも今なんて言ったのかわからないで、ただの間違い電話だとしばらく思ってました。