晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

あたしが撮りたい写真のようなものは「被写界深度が浅い」と言うらしい。

昨日からずっとカメラのことで頭が一杯だ。

AF-S DX NIKKOR 18-55mm f3.5-4.5G VR

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f4.5-5.6G ED VR

このレンズのどっちが自分の欲しいレンズなのかが、わからない。たぶんF値が小さい方だと思うんだけど、まったく自信がない。知人Nにメールして電話してレクチャー受けて、アドバイスをもらった。

 

カメラについて、今日わかったこと。

・ズームできる→焦点距離が長い→mmの数字が大きい

・広角→f値が小さい

・センサーが大きい方がよい

・VRはボディかレンズかについてる

・50㎜だと教室みたいな屋内にちょうどいい

f値1=見えてる明るさ。1切ると見えてるより明るくて、数字が大きくなるにつれ暗くなる。

間違っていないだろうか???

忘れないうちに書き留めたつもりでも、聞いた時点で既に勘違いしてるかもしれない。

 

 

ピントを合わせたいその一点以外は全部ぼけてる写真が撮りたい。遠景はあんまり興味ない。いや遠景でもそのピント以外がぼけるなら望遠でもいい。とにかく遠近感がすべて。F値が小さければ小さいほどいいのかと思ってたけど、色々読みすぎて更にわからなくなった!!と訴えたところ。

「ズームが効いて且つ広角でというレンズももちろんあるけれども、そんなのはベントレーみたいなものだから」

「普通の安い望遠レンズでも別にいい、近場撮るとき手前と奥をちゃんとぼかせるなら('A`)」

「そういう被写界深度が浅い絵なら焦点距離はやっぱり短いのがいいですね」

「じゃあf値は関係なくて、㎜が小さいのを選べば、虫とかもちゃんと虫だけピントで撮れる?!」

「虫?あーそれはマイクロレンズですね。単焦点で」

望遠か普通のズームかってだけでも右往左往してるのに、どうも一番欲しいっぽいのはやはり単焦点マイクロレンズらしいという見込みが乱入してきて、予算が青天井ぶっちぎり。

「最初は普通のズームレンズで、色々撮ってみて、あとからマイクロとか望遠とか買い足すのがいいと思いますよ」

「ですよねっ」

だがしかしレンズ単品は高い。

今から普通のズームとマイクロレンズのセットで買うと、予算オーバー的には完璧に予算オーバーなんだけど、マイクロレンズを後日別途購入するとなると更にぐっとオーバーする。だからセットで買ってしまおう。そうよこれが世界を支配する行動経済学よ!

 

最終的に

「18㎜で。キャノンかニコンで」

という箴言をもらった。こんなド素人にタダでレクチャーしてくれてありがとうN様~ヽ(´Д‘)ノ

 

 

オリンパスのあの宮崎あおいがキャラやってるカメラも見てきたけど、あんなトイカメラみたいな風情で10万円超えててびっくりした。ゴツけりゃいいってもんでもないのね('A`)

否、あたしはゴツイの構えてファインダーにのめり込みながら地面に這いつくばりたい。そんで撮るのが自分の陶器ってww