晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

「地球から出て行ったんじゃない?」

去年、友人Sの子Iのお誕生会で風船があって、たくさん天井にくっついてたけど、そのあと見当たらないので「ずーっと上がって、それで、地球から出ていったんじゃない?」

顧問は「地球」を覚えた。