晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

そして掛け値なくおバカなのは、

他人の幸不幸を自分が判定していい、将来の不幸を自分が予言していい、と勘違いしてるところ。なおかつそれを勘違いではなくて、ありがたい教えであると思い込んでるところ。
経文唱えてこの不幸なアレルギーが治るんだったら、おたくに寄付してこの不幸な目の下のクマが治るんだったら、いくらでも入信いたしますのことよ。