晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

PHUKET FANTA SEA

をオプションでつけてみた。近ツリでオプショナルツアーを選ぶ時、私やYは激しく「ゾウトレッキングツアー」に心を奪われたのだが、何しろ1時間余りゾウの背中に乗ったうえに、エステに行くという内容だったので泣いて諦めた。

道中の風景。委員長写す。

f:id:eio:20040618203645:image

このプーケットファンタシーでは、ビュフェのディナーとショーと送迎がついていた。
しかしKはお昼寝をしない習慣なので、もう6時を過ぎる頃にはくたくたになっている。
Yはしかたなく、ディナーの途中でKを連れてホテルへ帰ってしまった。

もう少し待っていれば、ゾウが出てきて興味も湧いたかもしれなかったけど。

f:id:eio:20040618210246:image

さてこのショーは2時間あり、委員長が飽きて騒ぎ出したらどうしようと心配していたのだが、杞憂。もともとが多国籍仕様というか、言語に依存しない劇だったりパフォーマンスだったりで、子供にもちょうどよかったみたい。2時間モノ*1を最後までクリアしたのは、多分これが最初。めちゃくちゃ楽しかった。

*1:映画やドラマやショーなど