晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

何もない一日。

いや毎日大抵何もない。
平和ボケ。
友人Eの子Rがクルマに乗ってるときも、普段どおり
「何この自転車!あたしに轢いてほしいワケ?!」
などと言っていたら、委員長が子Rに
「いつもこうだから。気にしないで」
と、まるで大人のような口調で説明して、子Rも
「・・・わかってる」
とこれまた大人のような含み具合。