晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

とまあ、

このように宣言されると当然反論したくなる。質の悪いことに、この構文で話を切り出す当人には、罪の自覚なんてサラサラない。がこっちも当然そんなことはクチには出さずに、「そーお?そーかぁ?」と心の中で毒づいておく。
そしてその構文が延々と展開され続けると、いつしか脳内反論にも疲れて脱力し、果てしなく退屈していることが言葉尻だけでなく顔にも出てあたしは結局損をする