晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

危うく洪水になるところだった('A`)

ぼーっとナガウニを眺めていたら、突然モーター音が変わって水位がごぼごぼと上昇。

何?!何が起きた?!

えええって軽石層に空気が入ってる?

空気どこから??えっ?このドレーン??

 

他に考えられませんわー('A`)

今まで何ともなかったけど、何かの限界点を超えて、モーターがドレーン経由で空気を取り込んでしまったのでしょう。慌てて折ったよ。

 

 

さてウニの師匠Hに色々教えてもらったことのひとつに、プロテインスキマーがあった。ウニは特に水を汚しまくるから、閉鎖環境では必須アイテムのひとつであるらしい。

来年のウニ養殖に向けて、ちょっくらカニ水槽で勉強しとこかな。

海岸の砂細かすぎて今日みたいにモーター苦しいみたいだし、最上層はもっと粗いのにして、AT-30の中で物理濾過強化してスキマーつけるってのはどうかな。

スキマーはもちろん自作だ!買っちゃったらつまんない。高いし('A`)

 

ウニの管足って、移動や吸着以外に、酸素を取り込んでる重要な器官なんだとか。ブチっと切ったらすぐ弱るんだって。あとねーウニのトゲ抜けてきたら、他のにもなぜか伝染するからすぐ捨てるんだって。もったいなー('A`)