晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

でもね、読んでて感心したのがたとえば、

どこのスーパーで何を買ってこうやってあーやって、と散々書いたその最後に!ギャグみたいな本音がちょろり。
「こちらのスーパーのお話ですみません」
えっ。
あたくし、あなたに何か悪いことされましたかしら?
「いいものがあるの。ほら見て、素敵でしょう?ああでもそういえば、あなたには手に入らないものだったわね。羨ましかった?ああ、見せびらかしちゃってごめんなさいね。そんなつもりじゃなかったの」
ああそういう意味?それでごめんなさいって?
出ちゃうね。隠せなかったね。優越感。
そんなのどこに住んでたって、いや同じマンションに住んでたって、(手に入るものそうじゃないもの、手に入れたいものそうじゃないもの、っていうのはそれぞれにあるわけで)それが相手に失礼かどうかは完全に謎のはず。それをなぜ「あらかじめ」謝っちゃうのかしら?
ザメコちゃんもいつだったか、ボトル写して何かを紹介しておきながら「お友達から頂いたものなので名前はわかりません」って。いやラベルのそれ字でしょう?読めないの?じゃなんで載せたの?バレるって。臍が茶を沸かすって。