晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

いたいた。

結婚式場に火つけたのが。

妻がいるのに別の女性との結婚式を予約し、式場だったリゾートホテル「リゾナーレ小淵沢」(山梨県北杜市小淵沢町)に火をつけたなどとして、現住建造物等放火などの罪に問われた山梨県昭和町築地新居、無職河田達彦被告(40)の初公判が25日、甲府地裁(渡辺康裁判長)であった。
河田被告は起訴事実を認め、検察側は「極めて悪質な犯行」として懲役6年を求刑し、結審した。
検察側は冒頭陳述などで、河田被告は1994年に妻と結婚しているのに2005年頃から勤務先の20歳代の女性社員と交際を始め、07年10月、横浜の観覧車で気持ちが高まりプロポーズし、同12月に式場を予約した、と経緯を説明。しかし女性と妻のどちらを選ぶか決められず、08年10月25日未明、式を延期させるため火をつけた、と主張した。

こういうのをこそ精神鑑定してほしいなー。
どのあたりが異常なのかとか、生育歴とか。
「ヒミツ」がやめられないのかな・・・奥さんに秘密、不倫相手にも秘密、秘密多すぎてもうクラクラっ!あるよねーそういうエンドルフィン中毒。脳内アヘン様物質を求めて手首切ったり買い物したり、って。超ある。
でもそこで進退窮まって火つけたらただのバカとしか。。。意外に幼少のころ高熱、とか、出産時仮死が長く、とかあるかもしれないよね。