晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

2007-05-09から1日間の記事一覧

で無事お仕事が終わったら

あたしにもGPS入れていただいて結構ですから。ってそんな遺族だらけの社会になったら、お役人のあんたたちが一番困るでしょう?! 他人の人生奪っておきながら、他人の責任で自分の仕事がないだのこれが自分の家族だったらだの言うお馬鹿な少年犯に、税金で…

この女子高生の遺族はきっと、

余りのつらさに思考を中断している。つらすぎて、中断するほかないんだと思う。でもあたしならそのまま、アメリカ行って射撃習う。 こんな鬼畜が5年やそこらで出てきて、娘が奪われた「人生というものを生きている」なんて、裁判で許されてもあたしは許しま…

こんな頭のわるーい少年犯を

更正の余地ありとして野に放つ司直は、もっと頭が悪いんだろうなと思う。殺人と放火と性犯罪者を釈放するときは、二の腕にGPSでも埋めといてほしいですよ。なるべくそういう人種が薄い地域に住みたいですから。

度が過ぎたっていうのはさああああ、

飲みすぎたとか塩入れすぎたとかいうときに遣うフレーズであって、人民として「犯罪した」ときに遣う表現じゃないんですよ。強盗して監禁しちゃったんだけどあれは度が過ぎただけだからさ、なんて遣うもんじゃないんですよ。

とある有名な、

監禁強姦暴行殺人の凶悪少年犯が、再犯でつかまって拘置所から母親に出した手紙が秀逸ですよ。 15年前世間を震撼させた女子高生コンクリート詰め殺人事件。再び罪を 犯した男から母親あてに手紙が届いた。 手紙の内容: 前略、面会や差し入れありがとう。今…

真面目に生きてるのが馬鹿馬鹿しい。

社会のルールに従って税金納めてこんな受刑者に緑の服や白い靴を買ってやってキョウイクしてやって、そしてある日いきなり後ろから刺されて身包みはがれて半身麻痺になったら、あたしもルールなんか守るもんかと思いますね。例えば。

問答無用でダメなものはダメだと。

ダメだってわかってて人殺しといて、なーにが自分の家族だ。刑務所なんか、ダメなことだけどやっちゃいますって人間をただ隔離してくれてればいいんですよ。

傍若無人に生きていきたければ、無人島にお行き。

他人を思いやる心があれば殺人なんかしない、じゃない。殺人は犯罪だからしない。それだけ。その社会の法律で、ダメなことはダメなこと。法の遵守に思いやりなんか介入しないの。 人を思いやる心があったら、駐禁エリアに車を停めないか?否、もってかれるか…

一線を超えたんだからそれはイケナイことなんですよと。

「もし、自分の家族が傷つけられたら」なんぞとしおらしいことを言う受刑者がいた。演技だね。 演技じゃなきゃ、「自分の家族が傷つけられたら自分は一体どうだろうか」なんてことを「考えてる」ような頭の悪い人間に、何をどう教えてもムダ。「自分がされて…

もともと誰もがそれなりに利己的なわけで、

利他を実現すると自己が存在できなくなるからそれはそれでいい。まったく構わないと思う。 ただひとつの個が過剰に利己的だとして、それが増え過ぎると社会が成立しなくなるから、過剰か許容範囲かの線引きとして法律があるわけであって。 どうして殺人しち…

でスタジオに画面が戻って

一茂が「人を思いやる気持ちっていうのが」云々。 「どうして人を殺しちゃいけないのか」を理解できなくて(もしくは理解したくなくて)人を殺した犯罪者を更正させるために、その理屈を「他人への思いやり」から始めてどうする。アホじゃなかろか。 そんな…

テレビをつけたら

報道番組の、少年受刑者の取材シーンだった。 仲間の手前、自分の顔を売るいい機会だと思って人を1人殺したんだけど少年だったから正直重い罪になると思ってなかったし、今子供が1人いるんだけど父親の意識も薄いから将来殺されても憎いとは思うだろうけど…