晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

リモートが超快適!!

快適すぎるわーーー。

全然歩かないから、自慢の健脚だけが心配。

もうずっとこのままでいい。

男子も全員リモートで、そこらへんで適当にやってくれてるし、家の中にちゃんと棲息区分があるって本当に素敵。

オフィスはオフィスで、すべてが新しくて綺麗で大変快適なんだけど、このリモートの静けさにはかなわん。やっぱあのおっさんが巨大なストレスだった、ということが今回わかった。

 

そのおっさんは、とにかくうるさい。

咳払いしては独り言をつぶやき、メールを見ては笑い、顎を細かく左右に振り、鼻をすすり、頭を掻き、脇を掻き、膝を叩き、椅子の高さを変え、PCのモニタの角度を変え、爆音をたててReturnキーを連打する。

眠くなると口を半開きにして舌を出し、打ち合わせ中なら顔をボリボリボリボリボリボリ掻く。掻きながら喋る。

とにかく全身がチック。5秒と無音無動でいられない。

 

 

じゃ仕事ができるかっていうと全然。

毎朝遅刻か遅刻ギリギリで、日中はいったん離席すると30分は戻ってこない。「○○さんていつもどこで何やってんの??」とみんながヒソヒソ。

合計すると1日2時間は離席してるから、実働6時間もないわ。毎日午前休おじさんと命名

 

じゃイケメンかっていうと普通の肥満児。

ジーンズOKオフィスだから見渡す限り人々はカジュアルなのに、たった一人スーツ。

腹回りのボタンがぱつぱつの小さいシャツを着て、だから首回りのボタンかけらんないからネクタイは当然ゆるめてて、なんでかベルトをしてない。

 

じゃ性格がいいかっていうとまったく。

自分わかってますアピールがとにかくすごくて、最初はあたしも最古参かと勘違いしちゃってたぐらい。でもその発言は他人のコメントをコピーしただけで中身がない。「わかんないんなら黙ってれば?」ってコメントをガンガン入れてくる。それでいて時々喧嘩腰。

なんで喋るんだろう??不思議。

 

 

このやかましいおっさんの放つ音が、SlackやTeamsで会議やってるときにかすかに聞こえると「ああ遠くてよかった!!神様ありがとう!!」ってしみじみ思うよ!!!もうあのオフィスには戻りたくないーーーーーー