晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

最後の大規模換水は、いつだったか思い出せないくらい大昔で。

大規模つーてももちろん8割ぐらいだけど、折角の2代目プロホースも全然使ってない。プロホースを使わない理由をつらつら考えてみた。

 

・ランドールピストルシュリンプが最上層と第2層に魔界を創設してしまって、つつくと更に濾過が壊れるから。ランドールのせいで折角の4層構造濾過が崩壊したことについては大変恨んでいる。

・ランドールがあまりにも働き者で、掃除で魔界を壊して過労死してもいけないと思っているから。

・あの魔界の隙間のせいでこれ以上細目石が下に落ちると悲しいから。

・1匹行方不明になったオヨギイソハゼは間違いなくこの魔界に迷い込んだものと思われており(ランドールに食べられたんならいいんだけど)腐乱死体をつつきたくないから。

・あとメンドクサイから。そんな換水しなくてもお水の出来が非情によろしいから。

 

というわけで、こないだ留守中に33℃まで上がったのを半狂乱で大規模換水して以降、2L蒸発したら真水2Lを一晩かけて落とす、ということをたまーーにやってきただけ。2か月以上。塩も全然減らないしお財布にもよろしい。

それで昨日、満足げに久々比重チェックしたらこれが!なんと驚愕の!1.023!

 

たいへんだーーこりゃ病気出る出るー

といっても魚類はオヨギイソハゼ3匹、ハタタテダイが1匹という大変密度の低い住環境ですのでそうでもないかも。でも1.023は重すぎる。慌てて6L換水に踏み切った(それでも6Lしかやんない)。ついでに壁面ちょっとスポンジで掃除したりして、水が光る。キラッキラ。

 

モーター部分にもっさり藻が生えてるんだけどウニは気づかないしヤドカリは登れないし、で放置。まあ栄養塩の固定に貢献していて善き哉。

 

(※)次にどんな魚を入れるか思案中。カウデルニー、ミズタマハゼ、マンジュウイシモチと順に死んでしまってから実はすっかり意気消沈している。顧問にどんなお魚がいいか聞いたら「先に地球儀欲しいなー」と言う。おお確かにそうだった!でもねー欲しい地球儀、高いのよ。リプルーグル。実はやるならちゃんとリフジウムからやりたいからやっぱりアクリルケースの加工から発注して…と考えるだけでお財布がかぱかぱして※に戻る。全く前進しないのであった。

 

 

 

f:id:eio:20151023191253j:plain

ニンジンで機嫌を直す尖太郎。金〇はアンバランスなほど巨大なので映さなかったw