晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

淡水水槽が一晩でホーカイ。

あれっ?と思ったのが夕方。

多摩川出身のウグイがいきなりぷか~っと浮いてしまった。

あれれーー??

水調べたけど全然悪くなかった。一応8割換水。

琉金は相変わらず、おなか見せたり見せなかったり。まあ危険かもしれぬというわけでパンケースの塩水浴へ。

で、朝起きたら、8匹ほどいたアカヒレ全滅!!エビも1匹逝去!!ついでにパンケースの琉金もキャラコと尻尾長いのと、2匹昇天。

生き残ったのは、顧問が「太郎」と名付けてた尻尾短い琉金とエビ2匹。琉金はそのままパンケースで15%塩水中。エビはそのまま同じ水槽で換水だけ。だって他に行くとこがないのよこの人たち('A`)

 

ちょっと急すぎて何が何だか。魚本体も水も水草も、目視確認できるものは何もない。そんな病気もあるんだな...どんな病気かさっぱりわかりませぬ。