読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

芥川賞って。

 

私はなぜ「中国」を捨てたのか (WAC BUNKO)

私はなぜ「中国」を捨てたのか (WAC BUNKO)

 

 大変感動する。フランス社会学の教授が論語の一節を諳んじるあたりなど。

大地 (1) (新潮文庫)

大地 (1) (新潮文庫)

 

 最初はお祝いが卵10コとかだったのに、、、大変壮大な物語。筋がわかってても面白い。

俺的中国フェアの続きとして、

時が滲む朝 (文春文庫)

時が滲む朝 (文春文庫)

 

この!楊逸の!時が滲む朝!!

これを初めて読んだらーー!!

全っ然面白くなかった!!

あっさり1時間で読み終わって、カバー戻すときに帯見たらこれが芥川賞って。臍が茶を沸かしまくったわい。

イヤーーな予感はしたのよ本開けた瞬間。スカスカ。行間スッキリしててフォントサイズも大きくてさーー。ページ稼ぐ気満々な感。

句読点や改行は好きだったんだけど、とにかくあっさりしすぎてて、感情移入もくそもございませんでしたわ。芥川賞ってこんなもんなのね。ふん。