晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

デバスズメダイ2匹。大きいのが頂点に君臨中。

その大きい方の顔に

「この世をば 我が世とぞ思ふ望月の 欠けたることもなしと思へば」

と書いてあるのを見た。だから道長と命名。

 

 

道長と宮廷社会 (日本の歴史)

 

 

昨日、小さい方の体色がちょっと悪いことに気付いた。水槽を小一時間睨みながら仕事してたら、小さい方は水槽の一角に佇んでいて、あまり活動的じゃない。

道長は快適に、非常に快適そうに泳ぎ回り、時々ハゼや小さい方を威嚇。アカムシ入れるとみんなで水面に行くんだけど、道長一人が狂喜して周囲全員をぐるっと威嚇。あたしは思い出しました。あれは闘神伝のCallMeQueenです。

 

小さいのも、体色悪いだけならいいけど、摂食悪いと死にかねない。道長ぴっかぴかに太ってる。そりゃそうだわカマボコの真上陣取ってずっとおこぼれ食べてるし。それまでカマボコの上に群れてたハゼはもう絶対に行かなくなった。

ハゼはまだ数がいるからダメージ分散してるみたいだけど、鯛の小さい方は給餌してもビクついて食べにいかない癖がついちゃったかもしれない様子。

しばらく道長隔離しようかな…

 

 

本日のアカヒレ水槽:

天気がいいと冗談じゃないくらい水温が上がって、こないだ33℃になってるのに気づいて慌てて保冷剤入れた。アカヒレは15℃でも33℃でも、全然変わらない。こんな高水温、水草の方が参ってると思うわ。アカヒレ強い。

でもそんな強いアカヒレ、金魚よりメダカより頭悪そう。警戒心ゼロ。優雅の反対語は何だろう?とにかく何にも考えてなさそうな感丸出し。そこがまたカワイイと思えるようになってきた('A‘)