晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

直系エリートがやったのに10年も持たなかった、という城春にして草木深い話。

「エリートなのにどうしてそうなるの?の箱」には、堀江偽メール問題の永田さんや大王製紙の井川さんが入ってるんだけど、今日この鎌田さんも入れた。

 

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39663

事実上の「破綻」騒動後、鎌田氏が表舞台で初めて口を開いた瞬間だった。

白元の前身の鎌田商会が創業したのが1923年。創業者・鎌田泉氏の孫で、'06年4月から4代目社長として白元を率いてきたのが鎌田真氏(47歳)である。

 

「しかし、得体のしれないコンサル業者に年間3億円のコンサル料を支払っていたことが判明。不透明な会計処理も見つかり、鎌田氏は経営者として末期状況と判断された。私的整理での破綻処理も検討されたが、三菱東京UFJ銀行がこれに強硬に反対。結局、民事再生しかないとの流れに傾いていった」(金融機関関係者)

 

私的整理ってどうして反対されたのかな。アテにならないと思われたか。

 

 

しかしこの奥さんが美魔女ファイナリストとかで、それで今回初めてファッション誌公認ブロガーってものを知ったんだけど!まあ油ぎってて楽しそう。

彼女らは、自分の好きな物をニッチに供給するために起業してて、濃くつながってて、行った買った食ったの演出が実にゴージャス。でも全員頭は君島十和子、語調は神田うの。恐らく、宝塚と猫足家具と目頭切開とステマが大好物。代替医療師バニラさんも入会させてあげたらもっと楽しそう。

まーこれで下から東洋英和でとか言われたら脱帽するけどさ、みょーに握力の強い、どーみてもあたしより年くってるオバチャン達が、連日連夜の女子会で女子力の根競べしてるのよ。脂っこい。

でも彼女らからしたら、ハワイみたいな恰好で一風堂の白丸つまみにジョッキあけてるあたくしなんて、女子どころかただのオッサンだなww

 

美魔女、こないだ子供生まれたばっかり、って。まあ生活は変わらないだろうけど交友関係はひとまず全壊だよね。で15年後ぐらいに「夫を支え続けた12の理由」みたいな本書いて作家デビューだ。うーんおいしすぎる。