晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

日本語の意味がほーかいする歯磨き。

歯磨きする=歯ブラシに歯磨き粉をつけて歯や歯茎を磨き、つるつるぴかぴかの綺麗な状態にする。

だと思うておりましたがね。

 

色々カス残りまくりで、一体歯ブラシ持って何やってたの?的な、キっタネー有様でも委員長に言わせると「いや僕はちゃんと歯磨きしたから」になる。夜1回しか磨かない人間がその歯でよく眠れたもんだと、よくそんなんで綺麗にした気になるもんだと、感心すらする。

そこを攻めてもまったく、1㎎も、すっかりさっぱり、何とも思わないらしい。むしろガミガミ言われて腹が立つというその一点にのみ意識が集中してお仕舞い。

なんかさー、こう、今まで生きてきて何の疑問もなく歯磨きとはこーいうものじゃ!という確固たる信念みたいなものがあったつもりで実はそんなものなかったんじゃないか?嘘だったんじゃないか?と腕組んで考えちゃうよね。あたしの既存の概念を崩壊させる委員長。哲学だよねこれは。歯磨き。歯磨きは哲学だったのか。

 

 

ついでに問題集をチェック。

わからなければ解答を丸写しするようにと言ってある。

どんな勉強においても同じなんだけど、わからない頭で推理するとまた同じ問題で同じように推理して、それが当たってれば万歳だけど、違ってたら未来永劫同じ推理で誤答が続く。だから、迷ったらすぐ解答を見て一字一句丸写し丸暗記するようにと口を酸っぱくして言ってある。

そしたら「7」と書いた紙に【1】から【12】まで解答。

ふむ。

解答集を見ると「7」は【9】までしか設問がない。

一体これは何なんだと問うたら、適当に4だか5だかの解答を全部写して上に「7」と書いただけだとサラっと答えた。

 

今日という今日こそはこの誠意のカケラも想像力の一片もないクソみたいな思考につきあってやるもんかと

「もう家で歯磨きも勉強もしなくてよろしい。どうしてもやりたければ公園に行ってやってこい」

と言うと、まあ常套句なんだけどやりますよと。やりますからと。

ほー来たねいつものやるやる詐欺ですよ。

 

いやもうさんっざんやれやれ言ってきたし散々やるやる言うの聞いてきたし、それがこういう展開になって久しいから、あんたがもう勉強はおろか歯磨きすらしたくないっていうのがよくわかった。だからもうやらなくていい。

なんなら公園で自由に自分探ししてこい。誰も歯磨きしろなんて言わないし、もう寝なさいとも起きなさいとも勉強しなさいとも言わない、真の自由がそこにある。自由人になれ。行って来い。いや行けと。帰ってこなくていいと。

 

すると「公園は全部が自由なわけじゃない」とかのたまったもんですよ!

公園の将来が想像できるんなら家での将来を想像しろよ!!!!夜1回の歯磨きサボったらどうなるか、問題すら見ないで丸写ししたらどうなるか!!アタシが怒るからじゃない自分の質を損なうことになるからだってことを想像しなさいよこのばかちんが!