晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

友人Y宅にて小四時間ほど。

途中パパが(タクシーで)帰ってきて、「おかえりなさーい」

パパがすぐまた出かけると仰るのでY宅Pの前に置いてた車動かして「行ってらっしゃーい」

そしたら3時間後にパパがまた帰ってきて「おかえりなさーい」であわてて車動かして、そのまま辞した。いつまで喋ってるんだと呆れられたのではないかと思う。(よくそうやってパパにお帰りなさいを言う)

そしたらその後友人Mに車同士でぱったり出くわし、道の真ん中で立ち話。

「あれっ??クルマ変えたの?」

「そーなのよ故障しまくってとうとう新しくしたの。でもなかなか燃費っていかないものねー。カタログまじめに読んで損した気分だわ」

「あー燃費はねえ。まあうちのコレも相当すごいわよ」

「リッターいくら?」

「うーん、2ぐらい」

と言うではないか!!!

2って!!

メルセデスのEの子が3とか言ってた記憶を塗り替える数字だわー。上には上がいるもんなのね。弟Yが何かバイクを買ってこれリッター40km走るよ笑っちゃうよねとか言ってたけど、そんな数字全然信じられない。