晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

ミッドタウンのカレー屋。友人H。

前回友人Mと来たときはアレだ、アイススケートがあったから3四半期ぶりだ!

スイーツの品数が3倍になってた。カレーは相変わらず美味しかった。海老のカレーおかわりした。

友人とは朝ごはん抜いてぎょーさん食べようぜって打ち合わせたのに、2人とも早起きしたせいでやっぱりフツーに食べましたってことに。

ご主人が官僚。色々聞いてみたらやっぱり~同じ巻き巻きですっごく盛り上がった!3時間一緒にいて子供の話をしたのが3分もない。おもしろすぎる。安倍さんでほんっとによかったって喜んでた。石破さんはどうなのと聞いたら、あれはちょっとダメとか。そうなのか。でも幹事長だよ。方向転換したらしいけど。

あとは占いと宗教はダメ!ゼッタイ!で超絶意気投合。占いけしかけられたり宗教の勧誘で怒ったりしたことある人は、なかなか多いんですわね。彼女曰く「この占いでよくなった!この宗教でよくなった!ってことは、その人のそれまでの人生がその程度のものだったってことなんだなって理解してる」なるほど鋭い。

不思議なことに、占いも宗教も「出身大学名を聞かれて答えるようにあっさりと自己紹介しようとしない」んだよね。自分の来歴がどこか疾しいものであることがわかってるんでしょう。マラリアのように赤血球の奥深くに潜伏して、ある日を境にぶわっと外に出てくる。

疾しいうちは日陰者。疾しくないなら声高に宣伝してくれればいいのにね。そしたら次から顔見ただけでソッコー逃げるのにねって。なかなかわかんないよね。ていう話とか。

 

でも、誰かが何かを、それがたとえ占いや宗教であっても、いやむしろあたしの興味からすっかり外れたものについて、ただひたすら自身の情熱について語る姿つまり非双方向型をただ見るだけなら大好きだ。という話をしたら、アメトーク好きなんじゃない?と言われて、はぁアメトークってそういう番組だったのかと初めて知った('A`)