晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

雨の日も風邪の日も。

勉強は続く。日々是決戦。代ゼミの柱にね。あったよね。

 

今日は「門脈」をどーしても覚えられない委員長のために、どーやったかというと、youtubeでフォアグラ反対ビデオを見ました。

それで我々の印象に残ったことは、フォアグラにするダチョウは雄だけで、雌はその場で「廃棄」されるということでした。鶏は確か雄が即廃棄だよね。その廃棄がかなり残虐なんだけど、それはフランスの法律で禁じられている方法ではないんだとか。トサツ(って変換できないのね!!)も効率優先で、心臓止まると血を抜くのに時間がかかるからこんなに残虐な方法で云々。

まあ残虐といえば確かに残虐極まりない様子ですが、食事つーのは基本的に他の命を屠ることなんでね、生きてくってことは、特別戦争なんかしてなくても、基本的に残虐なんだとあたしは思ってる。フォアグラは目的や手段が極端だから、目立つ分叩かれやすい。

そんなことよりも、アメリカ人は毎日何トンの肉類を廃棄しているのかとかそーいうことの方が興味深いよね。

 

さて、ビデオを見終わって、我々はそんなことを話し、門脈がどこからどこに通じていて、何が最も多い血管なのかということを確認し忘れましたの。備忘。