晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

クルマがいよいよおかしい。

低速走行中にブレーキをかけると、がりがり音がすることがある。

音だけじゃなくて足にその強い抵抗を感じる。離してまた踏みなおすと効くけど、最初にこれが出たときはマジ心臓止まってクチから出た。惰性走行中にも出たことがある。

いつものサービスの兄さんに電話。計4回。状況を訴えるもこないだ1年点検したばっかりで何もないはず、ブレーキパッドに小石挟んだのかも、それだけじゃなんともわからないと言われる。今まで何万キロと運転してきて、最近だけ小石挟む確率は相当低い。

いつも似たような場所だから、エンジンに火を入れてからの時間か距離かで起こる現象かもしれない。大臣は普段運転しないからまだ遭遇したことがない。

で今朝大臣にまたそれを訴えたら、ABSの不具合なんじゃないのとかいう寝言を!あたしが騒ぐことなんて大抵たいしたことじゃないと思い込んでる。でもさフツーにマトモに正確に考えてほしいんだけど、あたしが人撥ねて交通刑務所とか自損起こして顧問が重度後遺障害とか、ソレ責任取れるわけ??冗談じゃないわよ低確率で間違いなく起きてることだし運転者がそれを何度も訴えてるのに、車検まで時間あるからって何もしないで、んで何か起きてからじゃ頭悪すぎるでしょうよヽ(`Д´)ノ!!と超新星爆発。

新しいの好き(・∀・)早く新車に乗りたいわ~ねぇパパ早く買って~♪みたいな魂胆を想像しとるのかもしらんが、とにかくブレーキ踏んでも変な音がしない車ならこの際今の車のエンジンルーム総とっかえでもレンタカーでも何でもいいんだよ俺は!!

 

と怒ったら、はいはいわかったわかった、とメモを書いて寄越した。見ると4種類。車の名前。じゃこれの見積もりもらってきてと言う。

グレードも頭金もわからんのに見積もりを書ける営業はおるのかのぅ。