晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

ボクはねえ、生まれて初めて新幹線に乗るんだよ!!

友人Mは江ノ島に移動するとかで。

こだまに乗るのも久しぶりすぎて、何がなんだかわからない。

 

全速力で通過していくひかり。

上りの混み具合を知りたくてそれをじっと見ていたら、ものすごい轟音と風圧。動体視力には自信があるのに混み具合なんてまったく把握不可能。

吸い込まれそうなその迫力と、吸い込まれたら確実に死んでしまうだろう恐怖感。ひかりだから速いのは当然としても、あんなにも速いとこの世のものとは思えない。幽霊と同格。あまりの非日常的なその感覚に、身震いした。一言でいうと恐ろしかった。

f:id:eio:20120820191854j:plain

 

駅弁買っといてよかった。こだまは車内販売がないらしい。

 

「ねえママ、寝る時はどんなふうに寝るの?」

車中泊する覚悟があったらしい。