晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

水道水。

大臣がBRITAのポットに水が落ちるのを待ちきれない様子で、水道水をコップに汲みまさに飲もうとしたその現場を押さえたので
「はいはい水道水なんかおいしそうに飲んじゃうような人においしいご飯なんか作ってあげませんよーー」
と警笛を鳴らしたらマンガみたいにコップをさかさまにした。