晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

小沢くん激ギレ会見。

15日に予定されている中国・習近平副主席と天皇陛下の会見が、1か月前までに打診するという慣例に反して決められた問題で、民主党小沢幹事長が記者会見を開いた。 小沢幹事長は「一部局の一役人が内閣の方針についてどうのこうの言うのは、日本国憲法の精神、理念を理解していない。民主主義を理解していないと同時に、もしどうしても反対なら辞表を提出した後に言うべきである」と語り、不快感を示した宮内庁長官を痛烈に批判した。 また、天皇陛下との会見は1か月前までに打診するという慣例については、「宮内庁の役人が作ったからって絶対ということはない」「天皇陛下のお体がすぐれないならば、優位性の低い行事はお休みになればいいことではないか」と述べた。 

この会見を、なんと報道ステーションは2日目*1にはもう放送してない。「何が政治利用で、何が政治利用ではないのか」というナレーションを受けて紹介された流通経済大学の教授のコメントは、「期限の1ヶ月切ってることよりも、全体の流れのほうが」なんぞという専門家とは思えない日本語。全然答えになってない。てか政治利用だから。完全に。「何が政治利用じゃないか」っていうドグマはオカシイの。ね?
ちなみにこのあとのNewsZEROでは、憲法の言う「公使や大使」にこの習近平はあたらないという見解を紹介。600人接待のお礼に小沢が副主席ご招待して、急いで天皇をセットしたってだけじゃんね。憲法の解釈なんか聞きたくない。たった一言「中国と仲良くやりたいんだから天皇ぐらい使わせろ」って簡潔に言ってくれさえしたら、あの時浮かれて民主に一票いれた人々の目も醒めるのに。
こんな小沢のポイント稼ぎが絶対に面白くないアメリカに対しては普天間5月まで延期だって。さすがは元社会党。「おかしいのがよくわかるだけ」幸福の科学の方が数百倍ましだと思う。

*1:会見当日はノーチェック未検証。もしかしたら、あたしが番組見た日が会見当日だったかもしれないぐらい。