晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

で無事縫い終わって兄さんに聞いてみた。

「先生、胎児の肺胞って何が入ってるんですか。水?空気?」
水が入ってるとしたらあんなすぐには呼吸できないはずだし、空気入ってるとしたら在胎中にどこからそんな空気を調達するのかが不思議で、長年の疑問だった。
「うーん。多分途中まで羊水で、あとは何も入ってないんだと思いますよ。産声を上げることでその喉元の水を吐き出して、そこで初めて開通するんじゃないかな」
兄さんも姉さんも首をひねりながら、多分そんな感じ〜という説明。そんなこと考えたこともない=習ったことがない、という風情。本当かそれは?