晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

嗚呼もうサイコウにキモチワルイ!!

自分達がそんな発想になる理由もわかってないだろうし、自分で言ってることなのに自分じゃ説明できないだろうってこともわかってる。でも今日という今日こそふっかけてやろうかと思った。んだけど、いい加減もう帰りたかったからやめた。