晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

この人確か松田聖子と同い年だったような気がするけど、

自分の身内が客観的には実はバカだったなんて思ってもみなかった事態にあたしは大層驚いた。
しかもそのバカっぷりを眺めるだけにしたのはいいけど、「すっごくかわいいバッグ見つけて衝動買いしちゃった!と騒ぐ友人をよく見ると全然かわいくないわ穴は開いてるわ偽ブランドだわでどうにもとりなしようがないけれどもまあ本人が喜んでるんだからよしとしましょうと決めた時の居心地」と同じかそれ以上に、収まりが悪いわけですよ。誰か教えてやって、そのバッグ偽物だよって。