晴釣雨読

As the train goes through the mountain path, leaning on the lightcyan window, only I would think about my fun.

出会い

私がまた折れて

「別に悪気があったわけじゃないから。ギャグな思い出だと思って言っただけだからさ。このへんで勘弁してよ」
と言ったら、彼女はそれまで畳み終えた洗濯物を1枚ずつ全部投げた。私に向かって投げた。何かを叫びながら。